So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

Qrio Smart Tag [ケータイとか]

微妙。


実は自分、年に数度失くすものがある。

失くすといっても最終的には見つかってきたし、失くす場所は自宅内なのだが。何かというと、自宅の鍵である。

持ち歩いている鍵は、自宅以外に実家のそれもあるのだがそちらは複数のキーがあるため束ねられている。対して自宅は一つだけなので鍵単体。
で、これを自宅に帰った時点で通常は所定の場所に置くのだが、偶々何か別件があった際にあらぬ場所に置いて「嗚呼どこ行った」となるんである。

この現象、ここ2,3年くらいの間に起きだした事なので恐らく加齢のせいであろう。それ以前なら「そもそも所定の場所以外に置かない」「置いた場所を覚えている」で問題なかったのがそうではなくなったと。

さてそこで今回取り上げたような、失せ物防止のグッズに目がいくわけだが、年に数度ある程度の事な上に、なかなか「コレ」というものがなく結局買わずにいた。

それが去年あたりから、今回のソレのようなBluetoothを使ったタグ(或いはビーコン)製品が色々と出てきて気にはなっていた。
しかし相変わらず、先達のレビュー含め調べると「コレなら」というものがなかった。またあっても価格がそれなりにする為「年に数度だしなあ」と手を出さずにいた。

が今回、別の買い物のポイント充当で1000円程度で入手できそうだったので、手を出してみた。結構評判がよろしくないのは承知していたが、自分の用途ならギリなんとかなるだろうという事で。

DSCF0359.JPG DSCF0360.JPG

DSCF0361.JPG DSCF0362.JPG

タグというにはちと大き目の本体は、ボタン電池の交換が可能。付属品は写真のようなもので、電池の収納部を止める樹脂製のネジの予備以外は必要最低限といったところ。

アプリをスマホ(iOS/Android)にインストールし、クラウドサービスを使うためにユーザー登録した上で、本体とペアリングを行って使用する。

アプリ上からはタグ内蔵のスピーカーから小さな音を出す事や、タグを失くした場所がBluetooth接続の圏外の場合、スマホ経由でクラウドサービスに記録された位置情報を地図上で追う事もできる。
またこのクラウド連携の機能を切って、あくまでBluetooth接続圏内での失せ物探し用として使う事もできるようだ(=こちらが自分の用途)

タグ本体にはボタンがあり、アプリでこのボタンに「スマホを鳴らす」「カメラのシャッター」といった機能を割り当てる事ができる。


さて到着から数日使ってみたが、感想としては冒頭にも書いたように「微妙」である。

既に先達の書かれている問題点のうち「スマホ本体のバッテリー消費が酷い」についてはクラウド連携機能を切っている自分なのでまあ問題ないのだが、そういった本来の機能をオフにした、限定された使い方―室内での失せ物探しの為、Bluetooth接続圏内での音による発見さえできればいい―でも問題があった。


・接続が切れ、iPhoneを再起動しないと接続ができない場合がある

・必須のアプリを稼働させた状態だとネット接続(wi-fi)に問題が起きる場合がある


てのがそれだ。
前者は今のところ1回しか遭遇していないものの、大問題である。接続が切れやすいという事は聞いていたが、自分の想定用途では室内で見つかればOKなので、部屋を移動しながらスマホ本体のアプリから再接続をすればいいだけなので問題ないと踏んでいたのだが……である。

後者は、専用アプリを完全に落とすとタグとの通信ができなくなるのでバックグラウンドで起動したままsafariを使っていて気付いた事。
再現性はあるも、細かな条件までは調べ切れていないので「起きる場合がある」としたが、やはり問題だ。


……てなわけで、個人的には現状だと全くオススメできない代物である。これらが、タグ本体のファームウェアやアプリのアップデートでどうにかなるのならいいのだが……
また、この手の製品にしては珍しく純日本製なのでその点からも頑張って欲しいところなのだが。


もうしばらく使ってみて、ネタになるような事があればまた。ただ、場合によっては他社製の似たようなタグをまた購入する事になるかもしれない。

アマゾンでの扱いもあるようなのだが、斯様な状態なので毎度のアフィリンクはなし。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。