So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

Huawei P9 撮影 [ケータイとか]

モノクロセンサーが目当てで買ったわけなので、一応。



IMG_20170303_185938.jpg

到着翌日、あわよくば仕事を早く切り上げてまだ陽のあるうちに……と思ったが叶わなかったので撮った夜景のうちの1枚。
等倍で見ると所謂塗り絵画質だが、暗いだけにISO感度が一気に1000~3200とかに跳ね上がってしまうので仕方のないところ。こういったものを綺麗に撮りたいのであれば、やはりAPS-C以上のセンサーを積んだ普通のデジカメを使うべきだろう。

以降はその翌日、早起きして京都へ行って神社仏閣でもと思ったが結局頓挫してしまい実家の庭を撮ったもの。ほぼ同じアングルでカラーとモノクロを撮ったものもある。

IMG_20170304_123947.jpg IMG_20170304_123959.jpg

IMG_20170304_125659.jpg IMG_20170304_125709.jpg

等倍でちゃんと見ればやはり「塗り絵」ではあるけども、個人的には光量が十分あればまずまずかなあ、と感じた。
因みに比較写真は載せないが、自分の手元にあるスマホ内蔵カメラとの比較で塗り絵感と解像感という観点から見ると、 P9>LG V10>iPhone SE といった感じだった。

IMG_20170304_123929_re.jpg

商業サイトでは売りの一つとしてとりあげているところもあるボケ追加機能(ワイドアパーチャモード)をわざと雑に使ったものがこちら。(なお、ブログの写真1枚あたり制限容量にひっかかたのでこれのみ素のままではなくファイル容量を減らすために保存しなおしている。)
被写界深度を活かした写真をよく撮られてる方ならすぐに、そうでなくとも等倍で見ればすぐに不自然なのが分かるかと思う。
もちろんちゃんと加減すれば不自然さは軽減されはするようだが……ただそれでも不自然さを拭えないし、フルオートでカラーかつ最大解像度固定となったりするので、個人的にはほぼ使わないかと思う。

IMG_20170304_125634.jpg

上記ワイドアパーチャモードを使わずに撮ったもの。スマホの極小センサーならまあこんなものですよねえ。個人的にはコレで十分かなあ。

IMG_20170304_125717.jpg

標準ではオフになっているのだけどもメーカ名等のウォーターマークを入れる機能。邪魔なので自分は使う事はないかと思う。


その他触っていて感じた事などを少し。
マニュアルモードだとISO感度、シャッタースピード、露出補正、ホワイトバランス等々触れるので自分が使うのはこちらメインになるかと思う。
光量が不足気味な環境だとオートでは一気にISO感度が上がってしまいどうしても塗り絵感が増すので、個人的には条件整ってない限りはマニュアルメインかなあと思う。

自分はモノクロ専用センサーの恩恵というのは単純にカラー写真と較べても分かりにくかったのだが、これについてはPC上でカラーのものを単純にグレースケール変換したものと較べてみて「嗚呼なるほど」と分かったような気がした。

単純にカラーから変換したものの方が、諧調表現の「幅」が狭く、結果としてモノクロであると濃く(暗く)出ている被写体が白っぽいハッキリしないものになるor逆に潰れてしまう……場合が多いように感じられた。
フィルムでモノクロ写真を撮った場合どうなるかを全く知らない自分だけにハッキリとは言えないところだが、こちらの方が本来のモノクロ写真に近いのだろうな……という印象を受けた。

といったところで。

自分としてはスマホ内蔵のデジカメとしては十分満足できたので、しばらく様子を見て支障がなければメイン端末に、「やはりカメラ部分以外が辛いなあ」となればiPhone SEとの二台持ち(!)となりそうだ。

銀塩時代からモノクロ写真を撮影していたような方を満足させるというのはまず無理な気がするが、気になられた方は数多ネットにアップされている作例をチェックされるくらいはアリかと思うし、その上で気に入られたのなら購入を検討するのもまあアリかと思う。



nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント