So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

EARNiNE EN120 [オーディオ]

自分、流され過ぎ。


※以下で「音」について書かれている箇所はあくまで一個人かつ素人の主観の入った感想であり、さらに管理人は加齢で高い音が聞こえにくくなってきています。ですので「こういう考えもある」程度にお読みください。

finalのE2000やE3000と同様に、各所での評判が妙に良くて気になって手を出してしまいました。5000円程度までという価格は非常に危険ですね……

IMG_0055.JPG IMG_0056.JPG

IMG_0057.JPG

開封せず中身が見えるギミックのある、海外メーカー製品によくある少し凝った箱となっています。
付属品はシリコン製イヤーピースのみと最小限ですが問題はありません。筐体は金属製で鏡面仕上げの塗装は綺麗です。
低価格帯では珍しいツイストケーブルとなっていますが、しなやかで扱いやすいです。ドライバはBA一つとの事です。

IMG_0058.JPG

早速ですが音を。DAPはOpus#1で、毎度の如くあれこれ聞いてみました。

結論から言うと、良いです。何が良いかというと、全体的にクリアで音の輪郭がハッキリしているところと、シングルBAのイヤホンとしては低域がしっかり出ており、締まりもあるところです。

自分がこれまで購入してきたシングルBAのイヤホンは、強めに残響音が付与されそれによって音の広がりを感じられたりゆったり聞けるようなものが多かったように思います。
対してコレはアコースティックな楽器の音などを聞くと十分な音の響きはありますが、味付けとして強く残響音を付与していないように感じられました。その為、全体的に音の輪郭がハッキリし、低域もタイトに鳴るものかと思われます。

そういった音である上に価格が5000円少々というところで、個人的には全く文句のつけようがないです。

ポイントは全体的なクリアさや音の明瞭さに合わせ低域がタイトにしっかり鳴るというところで、毎度の如くジャンル問わずあれこれ聞いてみましたが、beatsのヘッドホンに自分が求めるような「極低域がドカンと欲しい」といったものでもない限り、たいていの曲が、というか意外なほど大半の曲が低域不足を感じず満足した音で聞く事ができました。


とはいえ。低域が強いといってもそれはシングルBAのイヤホンの中では、であってE2000やE3000といったダイナミック型のような量感と迫力はありません。
元々自分は特殊なものを除くとそんなにどかっとした低域を好むわけでもないのもあって「これだけ鳴れば十分」と感じましたが、人によってはやはり「もうちょっと低域が欲しいなあ」と感じる場合もあるかと思います。

好みの問題に加えて主に音楽を聞く環境の問題もあるでしょう。
自分は静かな室内で聞く事が大半ですので全く問題ないですが、喧騒な屋外や電車内といった場所で聞く事がメインだと、この低域の量感は厳しいケースもあるかと思います。

また基本的に「タイトでクリア」な音を鳴らすタイプですので「多少ユルくなってもゆったり鳴らす」タイプよりは聞き疲れを感じやすいかもしれません。


といったところで。価格も考えると非常に良いものだと思いましたし素直に人にすすめやすいものだとも思いますが、好みや環境の問題というのはどうしてもありますので、念の為試聴はされた方が良いでしょう。

それにしても5000円前後であれこれ出てきて、本当に良い世の中になったものです……




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント